Featured Video Play Icon

【動画】JPDA 安楽拓也プロ ワンポイントアドバイス 体と腕が連動する左肘のポジショニング


From:ドラコン飛ばし屋塾の川手です。

 

ドラコン選手の飛ばしメソッドが、
アマチュアゴルファーの参考になるか?

 

という疑問が浮かぶと思いますが、

 

・常に限界飛距離に挑戦しているドラコンプロ。
・飛距離アップに試行錯誤するアマチュアゴルファー。

 

どちらも、飛んでいる距離は違えど、
「飛ばしたい欲求」「飛ばない悩み」は同じようにあります。

 

アマチュアゴルファーは、
上手くボールを打つことに意識が向きがちです。

 

飛ばすことへの欲求はあるが、
100%で打つと、荒れ球になる恐怖心から、

 

気持ちよく振り抜くスイングを、
あきらめていませんか?

 

だから、気持ちいほどフルスイングしている
ドラコンプロを参考に…

 

といっても、腑に落ちないですよね。

 

日本プロドラコン協会(JPDA)というドラコン集団は、

 

ただ遠くに飛ばして飛距離計測ではなく、
300ヤード以上先の、

 

わずか15ヤードの幅しかないエリアに、
ボールをコントロールしなければ、

 

飛距離計測の対象にならないというルールで、
ドラコン競技をしています。

 

「飛距離」と「安定した方向性」が必要なのです。

 

普段、コースに出ると、
OB やスコア崩れを回避するため、

 

「方向性」を優先して、
「飛ばし」の欲求をおさえていませんか。

 

「飛ばし」と「方向性」
どちらも実現させている、

 

そうすれば、

 

谷越えや池越えの恐怖心が少なくなり、
ドッグレッグを林超えでショートカット。

 

2打目の番手も変わってくるでしょう。

 

今までと同じゴルフコースでも、
戦略や楽しみ方が変わってきます。

 

ドライバーのプロ集団の、
飛ばしのメソッドを参考にして、

 

荒れ球になることなく、
飛距離アップできる方法を、

 

DVD本編から、
サンプル動画を作成しました。

 

 

練習場で試してみてください。