Featured Video Play Icon

JPDA【安楽拓也プロ】稔転差 レッスン


From:ドラコン飛ばし屋塾の川手です。

 

PGAツアー等での
スイング解説を聞いていると、

 

テークバックで肩の捻りが大きい選手ほど、
飛距離が出ている。

 

「稔転差が飛距離の秘訣。」

 

なんてことを、よく耳にしたり、
雑誌などでも写真付きで、

 

腰と肩の捻りの角度まで解説されていたりします。

 

「X(エックス)ファクター」
という言葉で表現したりもしますが、

 

大きく体を捻ると、

 

大振りでスイングパスが安定しない…
下半身の動きに対して、上半身が遅れそう…

 

体が硬ければ、
肩を深く回すほど、

 

腰も一緒に回ってしまう…
など、「稔転差」以外の不安が生じます。

 

しかし、安楽プロは、

 

「バックスイングからダウンスイングに入る、
切り返しのタイミングを早く」

 

というような、アドバイスをされたのです。

 

切り返しのタイミングが早いということは、
肩を深く回すことができないので、

 

稔転差ができないのでは…

と思いましたが、

 

あるスイングのタイプによっては、
テークバックを小さくしても、

 

稔転差ができています。