バランスの良いフィニッシュを目指して… 【動画】グリップエンドの管理


From:ドラコン飛ばし屋塾
専属レビューライターの「卓」(タク)です。

 

ゴルフスイングでは、フィニッシュをきちんと決めましょう、
とよく言われます。

 

ゴルファーの中には、
ゴルフはインパクトが全てだから、

 

インパクト後は余り関係ないよ、
と言う方もおられます。

 

フィニッシュについて真剣に考えたことがおありでしょうか?

 

私はこの度リリースされた安楽拓也プロのDVD
「ミート率アップ×ヘッドスピードアップの極意」で、

 

プロの言うフィニッシュの重要さを改めて認識しました。
フィニッシュがヘッドスピードのアップと、

 

ミート率のアップに大変重要であることを教えられたのです。

 

今回のDVDに登場する3名の若手ドラコンプロのフィニッシュを見ても、
皆さんきちんとフィニッシュをとっています。

 

しかも何時も決まった形のフィニッシュです。

 

しかし、安楽プロの言うフィニッシュの意味合いと、
同じことを思っていたプロはいなかったように思います。

 

実は私はインパクト即フィニッシュ、と思っていた一人でした。

 

ですからフィニッシュは何時も色々な状況で、
シャフトが体に巻きつく場合があれば、立てる時もあり、

 

ターゲット方向へ伸びている場合もあります。

 

フィニッシュが何時も同じ状況であるのは、
大変綺麗ですし、スイングプレーンが安定しているとも言えますが、

 

安楽プロはフォーローから、
フィニッシュを目指してスイングすることが大変重要だと言います。

 

ではフィニッシュを目指してスイング、
とは一体何を意味するのでしょう。

 

安楽プロは2つの事を言っていました。

 

一つ目は、

 

スイングスピードを上げるためのスイングの、
最終目的地としてのフィニッシュ、ということです。

 

ボールを叩く意識でスイングすれば、
ヘッドスピードは上がらない。

 

インパクトは通過点に過ぎず、
フォローからフィニッシュを意識してスピードアップさせるスイングが必要だ、

 

と言います。

 

そして二つ目は、マン振りについてです。

 

フィニッシュで体がぐらつかないスイングは、
いわゆるマン振りではない。

 

だからまだまだ速くクラブを振り、
ヘッドスピードを上げることが出来るようになりますよ、

 

と言います。

 

フィニッシュがぐらついて、初めてマン振り状態にあり、
ぐらつかなくなると、更にヘッドスピードが上がる可能性が出てくる。

 

その繰り返しの練習で、
ヘッドスピードを上げて行くことが出来るという事ですね、

 

当然、飛距離が伸びるということですね。
アドバイスを受けたプロのヘッドスピードが上がって行きます。

 

そしてさすがプロです。フィニッシュも大変安定しています。

 

私たちアベレージゴルファーは、
ボールを上手く捕える意識でスイングしてしまいます。

 

全てはインパクトにある、
とさえ言うインストラクターの方もおられるくらいです。

 

ドライバーのスイングは、ヘッドが最下点を通り、
その先にあるボールにヘッドが当たって、

 

フォローからフィニッシュとなる。
ボールを捕える意識を捨て、

 

バランス良いスイングで振り切って、
何時も変わらないフィニッシュを作ることが、

 

ヘッドスピードを上げ、飛距離を伸ばすコツだと言います。
ゴルフはボールを捕えて、

 

狙った方向へボールを運ぶことを目的としますが、
誰もが飛距離やショットの方向の安定を求め、

 

日々練習に励んでいます。

 

しかしボールを上手く捕えてナイスショットをしようとする意識が強くなるほど、
ヘッドをボールを合わせに行くスイングとなり、

 

力みを生んだり、スイングプレーンを狂わせてしまい、
その結果方向性の悪い、飛距離の出ない結果を生んでしまいますね。

 

ゴルフの上達には、
バランスのとれたスイングで、

 

フィニッシュを目がけてとにかく振り切る。

 

ヘッドスピードを上げ、飛距離を出すには、
そのようなスイングを身に付けないと出来ませんよ、

 

と安楽プロ。

 

しいてはそれがミート率も上げ、
方向性も確保出来るようになることも教えられましたね。

—————–< 動画 >—————–