Featured Video Play Icon

39【JPDA小林 史プロ】ヘッドビハインドザボールの形ができる、ボールの見方


From リアルスタイル
   兼:JPDAヘッドスピードトレーナー川手

脱力状態から、飛ばすぞ!

となると、
飛球線方向に体を引っ張り、

体が突っ込む、体が流れる
と言われる使い方になる人が多いです。

体のパワーもボールに伝えたい。
という気もわかりますが、

ヘッドが走りにくい状態になるので、
飛距離には影響しません。

頭の位置はボールの後側にあることが、
ヘッドビハインドザボールです。

無理に頭を残そうとすると、
後側に体重が残って、

明治の大砲と言われる形になるので、
今回の動画では、

JPDA小林プロのDVDから、

ボールの見方を変えるだけで、
ヘッドビハインドザボールになる方法を公開。

簡単に取り入れることが出来るので、
次の練習場でもラウンドでも試せます。